ベビーアルバムのお店 モノホワイトベビー

カゴの中をみる
 

ベビーアルバムや子供のアルバムの保存について(vol.4)

ながい期間保存するんです

みなさん作った「赤ちゃんアルバム」「子どもアルバム」の保存どうされていますか?
写真を選び、コメントや装飾をいれ完成したアルバムはとても大切な1冊です。その大切なアルバムはできるだけきれいに保てるように保存方法にも気をかけてください。
特に赤ちゃんアルバムは保存期間がとても長いです。保存するときにどんなことに気を付けるとよいか紹介したいと思います。

 
 
 

ベビーアルバムの保存期間は20年以上?

アルバムを渡すタイミングはいつ?

子供の赤ちゃんの頃やまだ小さなときの写真を入れたアルバムは、とても長い期間保存します。1歳の時に作ったアルバムを20歳で子どもに渡すとしても19年、仮に子供が25歳で結婚して27歳で子どもが生まれ、その子が5歳になってみせるとしたら30年以上経過していることに。

私は子供たちが大人になって結婚し、子供ができて親になったときにアルバムを渡そうと思っています。それは今10歳の長男で15年後か20年後かもっとあとかもしれません。 当然ながら、写真もアルバムも劣化していきます。
でもせめて子供が大人になってアルバムを渡すときまではある程度きれいに保っていたい。 だからアルバムの保存について考えています。

 
 
 

写真が入ったアルバムにとって苦手なものは?

写真の素材は「紙」と「インク」、アルバムは「紙」「布」「ビニール」というところ。 そうすると苦手なものは
1. 水分 ・ 湿気
2. 紫外線・ ほこり
3. 汚れ ・ 傷
が考えられます。

まずは湿気について考えてみます

結露・湿気

重要なのは「湿気があるところに保存は避ける」という根本的なところが第一です。
素材が似ている「本」や「洋服」を考えてみてください。湿気があるところに置いておいてカビが付いていたことなどがないでしょうか?
私の場合は家の北側にある2階の一室が半分物置代わりになっていて、人の出入りも少ない部屋があります。冬場は窓に結露が発生して、その付近に湿気を感じます。

いつの間にか窓の近くにかけていたスーツと一緒に置いていたバックがカビだらけになっていたことがありました。それからはその場所にはカビが発生するようなものは置かないようにしています。

次は紫外線

紫外線

みなさんご存じの事ですが、日光には紫外線が含まれています。直射日光にはスゴイ量の紫外線ですが、家の部屋のなかでも明るいところは日光がとどいているところ。
つまり明るい場所にはすべて紫外線が届いています。 そうです明るさに比例して紫外線があることになります。
光をさえぎることができる箱などに入れて保存しましょう

ほこりや汚れについては?

汚れ・傷

ほこり汚れ、これも単純によごれではなくシミやカビへと変化する場合があります。汚れを防ぐのに一番いいのはアルバム自体にビニールなどのカバーがしてあること、写真台紙も表紙も、もし汚したら拭いてあげることが大切ですね。

アルバムの中の写真は劣化しない?

一番大切なのはアルバムの中の写真です。アルバムの中写真はフィルムと台紙にはさまれていることによって「湿気」「ほこりや汚れ」から守られている状態になります。
紫外線に関してはアルバムを開いている時だけとなので気にすることもないでしょう。
インクの色あせはでてくるでしょうが、長い期間綺麗に保つことができると思います。

「大切な写真をアルバムが守ってくれている」ということですね。

 
 
 

紫外線の影響を実験

紫外線はやばい

紫外線がどれほどの影響をあたえるか、写真台紙で試してみました。

条件は以下の3つ

1. 部屋のなかで時間帯によって直射日光があたる窓の近く
2. 部屋の中で直射日光は当たらないけど明るい場所
3. 箱の中に入れた状態

1か月間放置して、紫外線による変色のチェックです。

結果は

1. の直射日光が当たる場所に置いていた台紙
これは一目見て「少し変色している」と気づく程度まで色が変わっていました。
2. の部屋の明るい場所に置いていた台紙
「フチのほうがほんの少し変色しているのかな?」程度の変色
3. の箱の中
「見てわかる変色はありませんでした」
という感じです。

結果から思ったのは紫外線による影響は大きいということ。
少しとはいえ、たった1ヵ月程度で見た目にわかるのです。10年後、20年後はどうかと思ってしまいます。

台紙の日焼け

紫外線で劣化するのはアルバム本体も同じです。そしてベビーアルバムや子供のアルバムの保存年数は十年単位、それを考えると箱の中や光を通さない袋などにいれての保存は大切な事に気づきます。

写真をそのまま置いていたらどうなる?

台紙と一緒に置いていた写真は、1ヵ月間での変色は見られませんでした。

ながいあいだ飾った写真は?
私の家で玄関にガラスの写真たてにお宮参りの時の写真を入れて飾っています。
直射日光当たる場所には置いていないのですが、年月とともに次第に変色していきました。
1年ほどでは「変色はしているけど、そんなに気にならない程度」だったんですが、5年ほどたつとかなり変色している感じに。
そして7年目くらいたったころ、さすがに変色がひどく元の色がよくわからない状態になっていました。

写真もだんだんいろあせます

やはり紫外線での影響は大きいですね。変色も味がでて良くなる場合もありますが、室内に飾る写真は何年かで色あせるものと思って飾っておきましょう。

 
 
 

お勧めする保存方法はこれ!

上記の内容を考えて、私がおすすめする保存方法は

「人がいる場所に保存する」
(リビングなど人がいつもいる場所は湿度・温度・ほこりなどの環境がよい)
(近くにあることでアルバムを開くことが増える)
いつもいるところ

「箱の中に入れて保存する」
(紫外線やほこりから守る)
箱に入れて保存

「アルバムにはビニールカバーなど付いているとなおよい」
(汚れや傷をふせぐ)
ビニールの保護

「保存する箱の中に除湿剤を入れておく」
(シリカゲルなど入れて湿気防止)
乾燥剤

そしてずっとしまったままにならないように、たまにアルバムを開いてあげましょう。こうすることできれいな状態をより永く保てるはずです。

完成した赤ちゃんアルバムや子供が小さかったころのアルバムは、とてもとても大切なものです。ぜひ保存に気を付けてください。

でも汚れを気にしてしまいっぱなしになるともったいないです。子どもと一緒に何度も何度も見返してあげましょう。

 
 
 
 

当店おすすめ商品の紹介!

Lサイズアルバム用化粧貼り箱

化粧貼り箱

アルバをお洒落にきれいに保存しませんか?
ベビーアルバムは永く保存するもの、できるだけきれいにそして手元に置いておきたいですよね。しっかりとしたアルバム保存用の化粧貼り箱です

Lサイズアルバム用化粧貼り箱


ひざのうえにアルバムを
「すべてのこどものひざの上にアルバムを」モノホワイトのねがいです

 
ページの先頭へ戻る